• 彼氏と距離を置きたい時の言い方や期間 はコメントを受け付けていません。

彼氏と距離を置きたい時の言い方や期間

Purple nail polish --- Image by © Peter Frank/Corbis

彼氏と距離を置きたいと思うようになったら

コウセイです。

付きあっている彼氏がいるけれど、
喧嘩が絶えない
彼氏に自分にとって納得のできないところがある
彼氏のことで受け入れられないところがある

価値観が違う気がする
性格が違う
考え方が違う
行動が違う

本当に彼氏のことが好きなのかどうか分からない。
自分のことを好きでいてくれているのか不安
このまま付き合っていいのか不安
将来のことが不安

一緒にいる時間が長すぎる
浮気をされた
彼氏がかまってくれない
彼氏が忙しくて二人で会う時間が少なすぎる

一緒にいても楽しくない
彼氏の束縛がきつい

などなど、いろいろな原因で、
「今のまま付き合っていいの?」
と不安になり、

「彼氏と距離を置きたい」

と思うようになります。

そして、別れた方がいいのではないかさえ
考えるようになります。

距離が近くて、会うことが多く、
一緒にいる時間が多いと、
ちょっと息がつまってしまうこともあります。

付きあっている間で、
何も悩みや不安が出てこない方が珍しいです。

必ず疑問、不安の壁にぶち当たる時がきます。

自分の気持ちの問題なのか、
相手の気持ちの問題なのかで
まったく違ってきますが、

このまま付き合っていくべきか、
別れるべきか、
考えなければならない時が来た
ということでしょう。

このまま流れで付き合っていくことも
できるかもしれないですが、
そのまま結婚して、
ずっと一緒にいられるのかどうか。

ただ、たいていの場合、
実際より悪く考えてしまうことが多いです。

彼氏の悪いところが何倍も悪く見えて、
いいところが見えなくなります。

今までを振り返って、
今の彼氏との問題はずっとあったのかどうか。
今だけ気になっているのか。

その問題について、
自分はずっと悩み続けているのなら、
今後もずっと気になることになるかもしれません。

その彼氏との問題が最近ちょっと気になる
というレベルなら、
おそらく一時の問題でしょう。

距離を置くというのは、
お互いが距離を置いて考えたいと思っているのならいいですが、
片方だけが距離を置きたいと思っているパターンは、
相手にとってはどん底に落とされるような気持ちになります。

とても不安になります。
もう別れるということなんじゃないかと
考えてしまいます。

ですので、「距離を置こう」という方法は、
二人の関係を壊してしまいかねない
非常に危い方法といえます。

距離を置きたい時の言い方

距離を置きたいと言われた方が、
相手の気持ちがまったく分からず、
パニックになってしまいます。

相手に距離を置きたいと言う時に、
もし前向きに距離を置きたいと考えているのなら、
言い方は、少し時間を置いて考えたい
と別れるということではないということは
伝える言い方の方が、
相手はパニックにならないでしょう。

相手をわざとパニックにさせたいなら
そういう言い方をする必要はないですが。

距離を置くという行為は、
二人の関係を崩してしまいかねない
危うい行為です。

距離を置くのなら、相手が納得するように
話した方が二人の関係はくずれにくいでしょう。

彼氏と距離を置く期間

相手は距離を置くというのは、
どのくらいかと聞いてくるかもしれません。

自分としても、どれくらい距離を置けばいいのか分からないと思います。

距離を置く期間はどれくらいにしたらいいか
と考えても、
実際正しい期間などありません。

距離を置きたいと思っている時点で、
相手との関係は不安定になっています。
どこかで自分の心を決めないといけないでしょう。

わずかな不安なのか、
今後にも影響するくらいの不安なのか。

期間を決めるなら、
その間に決めなければなりません。

実際のところ、
大した問題ではないのではないでしょうか?

もう一度質問しますが、
大した問題ではないのではないでしょうか?

考えてみて下さい。

今の問題は実は大した問題ではないのではないか。

もし、考えて、大した問題ではないと思えるなら、距離を置く必要はないでしょう。
このまま付き合っていけるでしょう。

いずれにしても、最後は自分で決断しなければなりません。

誰かがこう言ったからそうする
という決断では、
のちのち後悔します。


↑ ↑ ↑
この記事が役に立ったら、「いいね」「ツイート」お願いします


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る